ししんせいしん

すきなことめも

A.B.C-Z、デビュー5周年目!

さて。

2月1日、A.B.C-Zデビュー記念日。4周年を迎えました。


イエーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!


(ブログの投稿日時にはつっこまないでください)(書き始めたのは2月1日です)

いや本当におめでたいよね。
だって5周年目突入ですよ。
ひえー。

A.B.C-Zは、橋本・戸塚・河合・塚田・五関の5人がいてA.B.C-Z
誰かが減っても、誰かが増えても、誰かが別の誰かにかわっても、A.B.C-Zにはならないと思っているので、5人がA.B.C-Zでいてくれることに日々感謝しています。
ありがたい本当に。
そう感謝しつつも、A.B.C-ZA.B.C-Zであることは、人間が息をするのと同じくらい自然なことのように思ってしまう。
形あるものいつか壊れる…とか言いますけど、何故か「A.B.C-Zはそんなことない、ずっと5人でA.B.C-Z」って思っちゃうんだよなあ。

A.B.C-Zって、歌って踊ってるところを見てると自然と元気になれるような不思議なグループで、もっとみんなに知ってもらいたいなあと、心底思います。
ここ数年特になんですが、「A.B.C-ZA.B.C-Zを愛してるんだな」って感じられるんですよね。
自分の大好きな人たちが、自分の大好きな人たちを愛してくれてる。大きく言えば、同じものを愛している。
オタクにとってこんな嬉しいことはない…こっちも、もっともっと好きになってしまう。

A.B.C-Zは、私の理想で、憧れの人たちです。
明るくて、真面目で、おもしろくて、かっこよくて、かわいくて、まっすぐで、家族とも友達とも違う、独特のあたたかさがあって、なんかしみじみと「あー…いいなあ…」って微笑んでしまう。
コンサートを見ていると「仲間に入れてほしい!」と思うような楽しそうな雰囲気がある。実際、めっちゃ楽しいし、本人たちも楽しんでる。しかも「おいでよ!」と元気よく誘ってくれるような笑顔で、手を振ってくれる。
そういうのを見てると、めっちゃ最高に楽しい気分なのにときどき涙が出てくる。この空間にずっといられたらなあ…!この時間がずっと続いたらなあ…!って思ってしまう。

健気に、与えられた仕事をこなしていくA.B.C-Zを見てると、私もあんな風に仕事と向き合えるようになりたいな…と思います。
どんな仕事でも、仕事なんだからやらなきゃいけない。
正解がないものでも正解しなきゃならないときがある。
そんな状況でも、笑って乗り越えられるようにならなきゃな、と。
そしていつまでも初心を忘れないでいよう、周りに感謝して生きようと思わせられます。

A.B.C-Zのファンをしていてよかった、と思うことはたくさんあって。
それはA.B.C-Zだけでなく、A.B.C-Zのまわりにいる人のおかげでもあったりします。

初めてひとりでA.B.C-Zのコンサートに行った日、お隣のえび担さんが「ひとり?」と話しかけてくれました。初ひとり参戦はちょっと心細かったので、始まるまでお話できたのは本当に嬉しかった。終わったあとも、すぐ話しかけてくださって、銀テもたくさんとれたからとわけてくれたり。優しすぎか。

過去はよく日帰りの遠征をしていて、新幹線の都合で規制退場に従えなかったことがありました。ちょうど中間の席だと、通路に出るには人の前を通らないといけないんですが、「すいません、新幹線に間に合わないので、出ます。前通ります…」と言うと、全く見ず知らずのえび担さんやJr.担さんたちが「気をつけて帰ってね!」「すいません荷物多くて!このへん跨いでもらって大丈夫です!どうぞ!」「お疲れ様~!」と笑顔で声をかけて道を作って通してくれたのです。優しすぎか。

また別の会場でも…高めのヒールを履く日はもう1足予備のヒールのない靴を持っていって、席についたらその靴に履き替える、ということをしているんですが、昼公演終了後、その靴を席に忘れたことがあったんです。忘れ物しやすいタイプのバカです。
夜公演準備で締め切られた扉の前にいるスタッフさんに事情を説明したところ「靴探してくるからここにいてね」とロビーまで入れてもらいました。待っている間、迷惑かけて落ち込む私にスタッフさんが笑顔でたくさん話しかけてくれました。数分後、スタッフさんが靴を持って走ってきてくれて「忙しいところご迷惑おかけしてすいませんでした」と謝罪したら「いいよいいよ!夜も見てくの?楽しんでね!」と。いい人すぎか。

思えばデビューDVDをショップに予約しに行った日も、「A.B.C-ZのDVDを予約したい」と言った途端、対応してくれていた店員さんが「少々お待ちください!」と言って、別の場所にいた店員さんに何か言いに行ったと思ったら、その店員さんがすっとんできて「えび担さんですか!?」と。そうだと答えると「デビューおめでとうございます!!とうとうですね!!私もえび担ではないんですが、A.B.C-Zも好きだしえび担さんも好きで!これからも応援していきましょうね!」と言いながら高速で予約登録してくれたなあ。いい人すぎか。

これらはほんの一部で、他にももっとたくさん、えび担って優しいなあ、すごいなあって思うことが今までに何度もありました。ペンラ芸もそうだけど。
えび担さんの優しさに触れるたび、私も他人に優しく、マナー守って、はしゃぐときは大いにはしゃぐ、そういうオタクでいたいなあと思う。
昔からのファンの人にも、新しくファンになった人にも、楽しくオタ活して、少しでも長くA.B.C-Zを好きでいてほしいもんね。

私はただのいちオタクですが、A.B.C-Zにとって悲しいことあれば泣いて、腹立たしいことがあれば怒って、悔しいことがあればちくしょうと踏ん張って、嬉しいことがあれば喜んで、楽しいことがあれば笑ってきた。
まるで自分の一部みたい。それくらい近くに感じられるA.B.C-Zが好き。
沼に沈めるだけ沈んだ!でもまだまだいけるぞ!って感じですね。底なし沼ですね。

なんかいつも以上に何が言いたいのかまとまりのない文章になってしまいましたが。

「俺たちとみんなでA.B.C-Z」って言われるあの瞬間が、最大幸福。
ずっとA.B.C-Zの仲間でいさせてもらえるように、自分のために、いっしょうけんめい働いて、これからもだいすきとありがとうを伝えていきたいです。