ししんせいしん

すきなことめも

Take a "5" Train

皆様お元気ですか。
私は今年に入って3人目の店長との面談を控え、今回の店長はいつまでこの店にいるのかなという不安と戦っています。
まぁみんな心配ごととか不安なこととかあるよね。梅雨だし。(?)

でも!そんな憂鬱な気分や負の出来事を吹き飛ばしてくれるような最高のブツが!6月22日!この世に解き放たれたよ!!!!

A.B.C-Z 2ndシングルCD「Take a "5" Train」発売おめでとうございます!

イェーーーーーイ!!!!!!!!

フラゲ日前から体調不良を起こすほど楽しみにしてました!
フラゲ日は午後休、発売日は新曲休暇とってやりました!
社会人としてはだいぶ底辺のクズですが、私の生きがいは仕事でなくA.B.C-Zなので許されたいです。

また今回も素晴らしい仕上がり…
おたくが見たいものも、初めての人でも楽しいものをきちんと取り入れてくれてる…
ありがてえ…ありがてえ…(拝)
いつでも幸せを運んできてくれるA.B.C-Zに感謝しかないです。

個人的にグッときたとこ、キュンときたとこ、オススメポイントなどをまとめておこうと思います。
「これを読んでくれた人に、購入しようと思ってもらえるようなものを書こう」と思って、鼻息荒くタイピングしだしたらとっても長くなりました!(いつものことだけど)
でもそれだけ良い作品なので、懐に余裕のあるお嬢さん方やお兄やんたちは是非手にとってみてください!
ショップ店員さんは!!もっと!!もっと推して!!!!

ネタバレを盛大に含みつつなので、ご注意ください。
誤字脱字は、お察しください。

Take a

Take a "5"Train(初回限定盤A)(DVD付)

【初回A】MV+ダンシング五関先生のダンス教室3限目
《MV》
MVに関しては、買って見てほしいのでネタバレは控えめに。
かわいいもかっこいいもたっぷり詰まってます。
5人のダンスシーンはさすがすぎる揃いっぷりで「最高」の一言。個人リップのところもビジュアルがめちゃくちゃ良くて、気づいたら「はあ…」とかため息ついてる。
ソロのダンスシーンもしっかり個々の良さが出てて、監督さんも五関様も河合くんもGJすぎる。
列車内で人間電車みたいに連結してわちゃわちゃするA.B.C-Zのかわいさもメーター割る勢い。
誰担でもどのコンビ担でも楽しめる、得しかないMVなので、是非買って何度でも見て!
個人的には、最後の5Trainが宇宙の彼方へ走っていく映像の続きがコンサートで見れたら嬉しいなあと思いました。

ダンシング五関先生のダンス教室》
えび担にはすっかりおなじみですが、去年の「Shower Gate」から始まったCD限定特典のダンス講座です。
私はMoonlight walkerでやった2限目がちょうど楽しいくらいだったので、今回の振り付けはわりと易しめでした。今回物足りなかった人も、難しかった人も、是非「Shower Gate」と「Moonlight walker」のダンス講座も手に入れてね!

・始めから深夜テンション
早速おふざけを始めるはしふみに、五関先生ももうしょっぱなから諦めてます。
河合くんは新しいのような前回のひとりVシネのようなジャニーさんのような謎キャラ。
戸塚さんはだいたい真面目。だいたい。

・とにかく河合くんが酷い(褒めてる)
基本ずっとふざけてる。隣にいる橋本くんが良いタイミングで気づいて河合くんを見て笑ってくれるので、河合くんも嬉しそうです。
早々に飽きてつまんなそうにしてる河合くんをよしよししてくれる橋本くん。どっちが年上だよ。
河「ご!ろく!しち!ご!」
橋「もう5終わったから」
どっちが年下だよ。

・何がオッケーなのか
塚「力強い女の子って僕は…悪くない(にんまり)」
戸「はい」
五「オッケー」

・1小節足りない
音も歌もなしでカウントだけ言ってたらわけわかんなくなってきた五関先生

・音のキッカケの振りが全然30代じゃない
飛ぶわ跳ねるわとにかく若々しく滞空時間も長い。
衰えることを知らないようなスーパーダンシング五関先生。
熱心な生徒に振り付けを教えている間はおふざけしている生徒のことは無視しますが、個別指導が終われば不真面目な生徒にも構ってくれます。
河「やさしいね」
橋「やさしい」
真面目にレッスン受けなよ…

・拒絶
河合くん「みんな(ファン)からのチュー大丈夫(いらない)」
河合担は河合くんに似て傷つきやすいんだからそういうこと言うなよ…
でも私は投げチュー五関様にささげたいタイプの河合担なので、コンサート当日は恥も照れも捨てて五関様に投げチューしようと思います!!!!!

・ジュニア時代からの癖
最後の敬礼の時、左手を下ろすのではなく、腰に当てたくなる!ここ(腰)にしよ!と提案する河合くんに、A.B.C-Z歴長い五関様がひとこと

「手を腰に当てる癖って多分Jr.から続いてるオレらぐらいだと思う」

そ れ な
それなすぎて首もげるほど頷いた。
これほんとずっと昔から思ってたので、A.B.C-Z本人が言及してくれた嬉しさ。
自覚してたんだ。
ツイッターに雑なダイジェストあげてるのでよかったら見てみてください。


これほんとデビューシングルから表題だけでなくカップリングでも全部やってる。
ライブでもかなりやってる。
多分腰に手を当てる癖から「見栄えを良くするために統一しよう」と振り付けになったところもあると思う。
それくらい腰に手を当ててる。

・自由演技
自由演技(橋本くんが河合くんの尻をかく)

・気づいたら終わってた
テレビと会話するタイプの私はA.B.C-Zにせっせとツッコミ入れながらせっせと体動かしてたらダンス講座おわってました。はやい…
そして何故か踊れてます。すごい…


なんかほんの少しだけでもおかしな感じは伝わってきましたかね。
「???」感があった人は是非初回A盤買ってみてください。
見ても「???」ってなるところもあるよ!


Take a

Take a "5"Train(初回限定盤B)(DVD付)

【初回B】メイキング+30minチャレンジ
《メイキング》
・いきなり河川敷に並んで立ち風に吹かれるA.B.C-Zが出現
とっても爽やか。まぁまぁ風が強い。
なんなの…この平和感…セカオワの対義語A.B.C-Z…(ちょっとよくわからない)

・カメラさんに自分の衣装についてる缶バッヂを見せてる河合くんの前をスッと横切る五関様
河「なにしてんだよっ笑」
五「んぇっ?笑」
いつもは河合くんがボケたりちょっかい出したりすることが多いから、たまにこういう五関様からの仕返しが見れるのとても嬉しい。

・相変わらずお喋りしてるときは何かしらを指でいじってないと落ち着かない河合くん
指輪いじいじ…服の袖いじいじ…服のチャックいじいじ…ロープいじいじ…
もういっそ何か持たせてあげてほしい

・全体的に、仕事中とは思えないほど空気がさらっさらしてて、A.B.C-Zが河川敷にいるだけでとても心が落ち着く…
マイナスイオンでてるのかな?

・とにかく年下組のはしふみが仲良ししててかわいい。
声は入ってないけど、橋本くんにすっごいにこにこ顔で話しかけてる河合くんとか。
橋本くんの後ろから河合くんがぴょこっと顔出してカメラ見っけして、橋本くんの肩ちょんちょんってして、指差して教える河合くんとか。
そして二人でふふって笑ってる映像とかもう、ここは天国かと顔がとろけました。
その後、河合くんが橋本くんのうなじあたりをくんくんしている映像がきて真顔になりました。

・てんとう虫イベント発生
橋本くんの足にくっついてきたてんとう虫さんは空気読めすぎ。将来有望な出来ジュかよ。
てんとう虫さんは、後ほど河合くんの手のひらの上にも登場。
橋本くんにくっついてたてんとう虫さんと同一昆虫かはわかりかねますが、そうであってほしい…
撮影が橋本くんの番になったとき、足にくっついてるのをそっと手にうつしてお預かりしたんだと思いたい…
河合くんの綺麗な手をバッチリ見れるきっかけを作ってくれたてんとう虫さんに、河合担を代表してお歳暮を贈りたいです。
指の上をちょこまか歩くてんとう虫を、細い草でちょんちょんとつついて、飛ばそうとしてる河合くんベリーキュートすぎた。てんとう虫が飛び立っていくのを最後までしっかり目で追って喜び、少し間を置いて「撮れました?」って聞くところまであわせて、かわいいポイント89127645612356点、1位独走の河合選手。金メダル間違いないですねおめでとうございます(?)
多分、河合くんは「撮れました?」のところをカットできるようにわざわざ間を置いたんだと思うけど、そういうメイキング映像班のことも考えてくれてる河合くんもそのまま使ってくれたスタッフさんにも感謝状渡したいですね…

・しおれたような顔をする塚田くん
切符を口に咥えたまま笑ってくださいとお願いされるも、何故かできない。
全くできない。できないどころか、真逆の悲しそうな顔をする。こういう顔文字ある。
やればやるほど哀しい顔になってしまうし、どんどんしおれていく。でもかわいい。
この映像見てほんとうによくわかった。塚田くんは口を閉じたまま笑えない。

・メンバーとスタッフさんとの関係
この河川敷でのジャケ撮影の映像終わり、まだMV撮影前なので河合くんが「もうこれ以上言えることない!」って投げやりに言うと、即座にカメラが落ちるのめっちゃ笑った…
なんかこういうこと言えたり、カメラぶっちできる仲なの、良いな~と思う…A.B.C-Zもスタッフさんもお互い思ったこと言い合えるから毎回こうして良い作品が出来上がってくるのかな~。
譲ったり譲らなかったりお互いの中間地点を取ったりって、そういう仕事のコミュニケーションをとるには、仕事以外のところでもコミュニケーションとれてないと、なかなか難しいもんね。

・河合くん声ちっちゃ!!!
メイキングとか素の状態の河合くんは、相変わらずめっちゃぼそぼそ喋ってるのに「えっ今の聞こえたんだ?」っていうような声量と距離でも、全部拾ってくる五関様…
さすが仕事人河五コンビ…メンバーみんなそうなのかもしれないけど、特に五関様は河合くんの声量の差とかにも慣れてるんでしょうね…

・歌録り&振り入れ
振り入れの映像ほんと一部なんですけど、その一部で十二分にA.B.C-Zのすごさが伝わってくる…
そのペースで覚えてるんだ…すごすぎ…
ブースに入る五関様がセットしてないさらさら髪で、黒い服をだぼつかせて萌え袖になってるの最高of最高すぎやしないか???
五関様がマイクの前に立って歌詞をスタンドにクリップで留めた途端、スタッフさんがマイクの位置を素早く下方に調整するのを見てにっこりしました…かわいいね…
戸塚さんが、難しそうな掛け声に近いコーラスをやってるのにだいぶスムーズでとんとん拍子…普通にすごい…「素敵!」とか言われてるし、ほんとに「それ正解」みたいな音出してくるすごさ。

・河合くんが「ていくぁふぁいぶ あ とれいん」とか言い出す。
河合くん…河合くん…!!!河合くん!!!!!!
これがわざとで「かわいい」を狙っていたならもうだいぶ真顔でシラけますけど、本人至って大真面目なのがもう最高に悶えました。心臓をグーで叩きながら床に倒れこんだ…(ってタイピングしてなにそれゴリラじゃんって自分で思いました)
「テイク ア ファイブ トレインね」って言われて「ていくあふぁいぶとれいん?」ってひらがなで返してくる。
「(河合くんは)英語弱いからね」って言われて「よわい…」ってまたひらがなで返してくる。
「これ使ってもらって…」って言われて「きゅっきゅっきゅ!」って笑う。
甘 や か さ れ て い る !
いい大人が!甘やかされて!いる!
河合くん「バカまるだしだから…最近テレビでもバカだから…」
わたし「そうだね…いいと思う…」

・天然はしもっち
橋「きもちぃくうたえるね!」
わたし「きもちぃく!」
橋「Bメロとかとか」
わたし「とかとか!」

・カメラ気にしてない塚田くん
個人のコメント撮り、座ってる塚田くんのお顔を固定カメラがばっちり捕らえてくれています。
ところが歌録りの映像が差し込まれて元カメラに戻ってきたら、塚田くんの腹部しか見えない。
立ち上がっちゃってる。「あっ!!!」とか言って座る。かわいい。

・打ち合わせ
左から河→五→橋→戸の順番で座っているところに塚田くんが合流。
あれなんだっけ…って言いながら手が一生懸命動いてる河合くんめっちゃかわいい。
そして言いたかったのは「銀河鉄道」(でも手で表現しようとしてたのは全然銀河鉄道じゃなかった)
その提案に「飛んでっちゃうみたいな?笑」ってスタッフさんからちょっと笑い声がおきるんだけど、A.B.C-Zサイドは一ミリも笑ってない。大真面目です。
メイキングに入ってる映像はほんと数十秒だったけど時計がめっちゃすすんでる…

・スタジオでMV撮影
資料を両手で持って見ながらお外をてくてく歩く河合くんがとても小さい子にみえてかわいい。
朝で頭がぼーっとしている河合くんと、朝で声が出ない五関様。朝弱い仕事人コンビ。
河合ダミーさんよりちったい河合くん。
五関様に「かつて赤になりたかった人です」と紹介される河合くん。
そういう赤になりたかった河合くんも知ってるから、河合くんに赤っぽい振り付けも考えてくれてる優しい五関様。
あちらこちらにA.B.C-Zのパワーというか「やったるで」って心意気が感じられる…
良いものを作りたい人たちの集団が見せるふいの真顔がめっちゃ好き。
あと、橋塚の「同じ衣装着てるのに違うものに見える」ってやりとりが小学生じみてて笑う。

・小学生しかいない
河「いまでんしゃのシーンとってまぁす」
橋「小学生じゃん!すげーコメント小学生じゃん」
小学生に小学生じゃんって言われる小学生。大人しかいないはずのグループに小学生が三人いるんですけど?

・しゃししゅしぇしょ
河合くん「普段は、あのー、ジャニーズのお仕事してるんですけど、今日はちょっと、しゃっさ、しゃしゃしょうさんに、なりきってるんで」
わたし「しゃしょうしゃん?しゃしょうしゃん?」(怒られそう)

・ころんと眠るごっち
それ持って帰るのでそのままブランケットにくるんで置いといてください!!!!

・セットをめちゃくちゃ気に入ってる橋本くん
「これもね、なかなか俺気に入ってるのよこのセット」
「ずっと奥行きがある感じで、見えるセットだからすごいいいなと思った」
「列車が走ってるみたいなそのトンネルの中nだからワープだ!ワープ!ワープのトンネル!」

・肩ぽん
最後の決めポーズ(?)で河合くんの肩に手を置く戸塚さん。カットがかかって、河合くんの肩をぽんと叩く戸塚さん。河五とはまた違う、言葉のいらないコミュニケーション。

《30minチャレンジ》
はじめ5Trainのセットに好きなように座るも、何故か席順をMV通りに戻す。
5人中4人がおばかちゃん(1人はうっかりさん)のグループが、おばかちゃんを露呈してるだけの30分。なのにずっと見ていられるというある意味不思議で仕方ない謎映像。
罰ゲームもないのに何でこんなに笑えて楽しいのか。
やってるのはただの山手線ゲーム(お題は各地の名物)。

・ルール確認と練習で7分使う
河合くんが「もうだいたいわかってるじゃん、この人の知能はどれくらいだっていうの」とか言って自分のハードル下げまくるところからスタート。その後もどんどんルールが緩まっていく。
ジャンケンで順番を決めるとき、何故かうまいこと1人ずつ負けていく不思議なグループ。
2人同時に負けるとかない。5人もいるのに。

・ふなもん
橋本くん「千葉は落花生とぉ!あれだよ!ふなもん!!!!」
千葉県の新ゆるキャラ誕生

・本番開始
「本番開始!」のテロップが出てきた時点でもう成功する可能性が1%くらい見えない。
声が出ないときがある河合くんと、この時点で喉がやばそうな戸塚さんが心配。
「神戸」というお題の答えが出てこず「神戸牛だろ~!」と突っ込まれるも「わかんないよぉ!」とスネる塚田さん。
五「肉好きやろぉ~笑」
橋「頼むでぇ~笑」
しまいには「思いやりが足りない」とお題パスする五関様を責め出す塚田さん。これが噂の「謝らない塚田…」(このあと、後半にいくにつれ謝ってくれます)
戸塚さんは、順番入れ替わっても何周しても橋本くんに同じお題を振り続ける優男っぷり。
五関様と塚田くんでつっかかりまくる。
あんなに振り覚え早いのに…あんなに仕事できるのに…河合くんも「体動かしながらじゃないと台詞覚えられない」みたいなこと言ってたし、A.B.C-Zは全員筋肉と脳が同時に働いてないとダメなのかもしれない…

・バカとバカの争い
長野でつっかかる五関様
河「ぉあああぁああぁ!!もぉおなにぃ!!」
塚「長野はなんでしょう」
河「きりたんぽだよぉ!!!!(さも当然のように)」
塚「きりたんぽは秋田だよ!」
「「「「ギャハハハハハ!!!!!」」」」
このひとたち大丈夫か

・バカだけどずるがしこい
とりあえずなんかテキトーに水とか○○牛って言えば当たるんじゃね?とか言い出す河合くんに、誰もつっこまない。全員そうだねってなっちゃう。

・バカだから気づかない
「長崎→長崎ラーメン」もスルー。ここまでまだ1周(5回)しかできてません。
「長野→お水」をようやくジャッジにかける。あれから何回かゲームしたのに!!!今かよ!!!
「東京→チーズケーキ」は名物じゃなくてただのお土産のお菓子だということにも気づかない。
このあたりから橋本くんが飽きてるし、ねむみのあるお顔をしている。
バカだからサファリパークは知ってるけどイノブタはしらない。

・突然韻を踏む
「サッポロ」は「ラーメン」「グンマ」は「レイメン」

・山手線ゲームとは
塚「♪長野♪みーず、だよ!!!」
五「これもう記憶力じゃん!笑」
山手線ゲームって記憶(頭脳)ゲームじゃないのかよ…五関様の中ではただのリズムゲーにカテゴライズされてる可能性ある。
このへんで河合くんが滅多に聞けないない音でひき笑いしてるので是非聞いてください。
「っひゃっっ!!!!(高音)」って。

・ジャニオタだからしかたないけれども
河合くん「どうしよぉ長野って言われたら博がでてくる!」
全員(メンバー+テレビの前のオタク)「絶対言うと思った」
河合くん「日本の食→長野→博ってなっちゃう」
それ山手線ゲームじゃなくてマジカルバナナやな

・橋本くんがミスったら全員でフォロー
これはA.B.C-Zにおける絶対のルールなのです

・「東京チーズケーキ」の疑惑
やっと河合くんがチーズケーキが正解なのかわからないってことに突っ込むも、戸塚さんが「雷おこし」という大正解を出してきたので、チーズケーキはわからないまま置いとかれることに。
河合くんもそろそろイケる!と思ったのか「落花生」を巻き舌で言うくらい楽しくなってきた。
のに
河合くん「東京!」
五関様「チーズケーキ!」
なんでまたチーズケーキ復活した????
ここでチーズケーキに運命の判決

合ってない(不正解)

「「「「ギャハハハハ!!!!」」」」
河合「早く言ってよ!!!!!!!!!!!!」

・泣きの1回
河合くん「せーの」
五関様「北海道」
塚田くん「りんご」

<<<<完>>>>


ありがとうございましたほんとうに。
こんなにゆるくて平和なのにオタクに癒しと笑を届けてくれる映像かつてあっただろうか。
でもこんなにゆるいのを特典にできるなら、次回は是非おこたに入ってみかんもしゅもしゅ食べながらかるたやるA.B.C-Z(飲酒OK)とか見たいよ。

Take a

Take a "5"Train(通常盤)

さて、ここまでは主に初回盤のオススメでしたが。
通常盤(CDのみ)には通常盤でしか聴けないトラック「Sercret Lover」と「Revolution」が入っています。
どちらも「もし私がJr.だったら踊りたい曲歌いたい曲ランキング」上位にランクインしてます。

「世界一」はいわゆるコンサートの最後で歌うバラードです(笑)
私からA.B.C-Zへの気持ちもこんな感じ。
つらいときでもたのしいときでも隣にそっと寄り添って気が済むまでいてくれる。
詞も曲もほんとそんな感じ。バファリンは半分が優しさだけど「世界一」は全部優しさでできてる。

「Sercret Lover」はイントロがめちゃくちゃ好き。
こもっている音がだんだん大きく明確になっていって、夜が世界に近づいてくるような雰囲気。
音が大きくなるにつれ鳥の声にエコーがかかって消えていくのは、まるで現実世界から非現実空間に飲まれていくような感じ。
レトロなのに、褪せてる感はなくて、かっこいい。
これは是非「夜」を擬人化したような全身黒衣装で、黒ハットを深くかぶって踊ってほしい!
A.B.C-Zの綺麗なキレがあって揃うダンスにピッタリだから、ユニゾンダンスで見せてほしい!
これたくさんJr.つけたらかっこいいだろうなああああ
私も黒スーツ着てバックついて、Sercret Lover踊りたかった…

「Revolution」はめちゃくちゃ元気が出る応援ソング。
何て言っていいかわからないけど、ムッっとくるところがない(笑)
マラソン走ってるとき、隣でバイクにまたがって「がんばれ!!!がんばれ!!!」とか言ってくるやつとか、「いくぞ!」って無理やりロープで体とバイク結んで走り出すやつとか、本番だけ応援してくるやつじゃない。
練習の段階から、寄り添い走りながら背中ぽんぽんって叩きながら「がんばろう!」「いこう!」「やれる!」って一緒に汗だらだら流してがんばってくれるような応援ソング。
ときどき先に行ってくれたり、給水ポイントで足踏みして待っててくれたりするような、めちゃくちゃ優しくて明るくてイイやつみたいな応援ソング。
例え下手すぎてごめんって感じなんですけど。
そしてこの歌詞カード、Revolutionの歌詞の真下にめちゃくちゃA.B.C-ZらしいA.B.C-Zがいるので是非見て欲しい…


以上、語彙力のない河合担による感想文でした。

次はアルバムですね~!ほんと楽しみです!ソロ曲も!
でもそろそろグループ内コンビ?ユニット?曲もほしいな~!
私は発表があった翌日に予約したけど、みんなもう予約した!?
早期予約特典もあるので、忘れないうちにどうぞ↓

わたしは、これからも自分にできることをできるだけやり、私が「無理をしなければ」と思うときだけ無理をして、A.B.C-Zの健康と幸せを祈りながら、自分の心とお財布と相談しつつ、長くオタクでいられるようにオタ活しようと思います。
趣味が楽しくなくなったとき、一番落ち込むのは他の誰でもない自分だと思うのです。

どうでもいいですが、私は悩んだら「こういうとき、五関様なら何て言う!?」と想像するとわりと良い答えが浮かぶし、結果正しかったりするのでオススメです。
ただしわたしは責任はとりませんのでご了承下さい。
(当然、五関様にも責任はないです)

毎度こんなブログにお付き合いいただきありがとうございました!