ししんせいしん

すきなことめも

今までの話とこれからの話

こんにちは。初めまして。お久しぶりです。めみです。

さて……
ツイッターでもお知らせしましたが、
2017年7月12日、結婚しました!

顔面偏差値平均以下の根暗オタクの私がまさか自分の誕生日に結婚するなんて思ってもみませんでしたね。
結婚する2ヶ月前まで、そもそも彼氏すらいなかったんですよ!?

社会人になってから、彼氏がいた期間はほぼゼロ。
というのも、ここ数年、仕事かジャニーズを追っかけるか、ほとんどそのどちらかしかしてこなかったため、女子力は皆無だったから!
男部署でこれっぽっちも女らしさがいらない仕事だったので、すっぴんにゆる〜いポニテで会社いってたしね!色気とか1ミリもない!
学生時代はアニメ漫画ゲーム三昧で、爪先から頭頂までどっぷり2次元に浸かっていた根っからのオタクだし!
長所ない、特技ない、取り柄ない!3ない!
あっ、愛嬌もおっぱいもなかった!5ない!
たぶんもっとある!ないものしかない!(?)

焼肉も寿司もディズニーもヒョイヒョイと1人で行ってしまうので、1人が寂しいなんて思ってもなかったし、彼氏が欲しいとも思ってなかった。
だって結婚願望すらなかったもんね!むしろ一生1人で生きていくんだと思ってた!笑

というわけで、どうしてこうなったのか、自分の記録として残しておこうかなとこんなブログを書き出してみました。
興味ない人がほとんどだと思うので、閉じるボタンか戻るボタンを力いっぱい押してね!


わたしには妹と弟がいます。
なので、高校3年のとき、進路で大学や専門学校に進学するという選択肢はなかった!
きょうだいの中で妹が一番勉強頑張ってたので、妹だけは希望通り大学進学させる予定で、私は働いてお金を稼がなければならなかったんですね。

でも、ちゃんと真面目に就活しなかったので、高卒で入社したブラック会社でこれまで全く触れてこなかった分野の専門事務をやるはめになり、さらには冷たく固い床に段ボールを敷いて会社で寝泊まりする日々…
っていうと悲劇のヒロインぶってるみたいだけど、就活のとき担任に「ここ離職率高いぞ?ほんとに大丈夫か?」って散々止められたのに「休みありゃ給料なくていいんで家から近いしここでいいや〜」って決めちゃったから、自業自得なんだよな!!!!最初から最後まで言うこと聞かない生徒でごめんな!!
職歴残ると思って我慢して、5年経ったらすみやかに辞めて、それから体調も気持ちもどん底状態が3か月ほど続いたけど、A.B.C-Zのおかげで何とか持ち直しました!ほんとに!A.B.C-Zはわたしの命の恩人と言っても!過言ではない!!!
アイドルってすごい!冗談でも何でもない!生きる希望をくれる!!!ほんとに!!!

辞めて半年くらいで、全国チェーンの飲食店でご飯食べた帰りに突然思い立って、急遽面接してもらって(履歴書不要だった)、そのまま翌日からアルバイトとして採用されました!人間やればできる。
2016年のうちにバイト歴は1年をすぎ、店長とエリアマネージャーに何回か正社員に誘ってもらったりも…
人間やればできるけど、私はアリほど体調を崩しやすいので飲食店の正社員を続けられる自信はなかった!それに絶対にオタ活ができなくなるしね〜それはほんとうに生死に関わるので無理でした(死んでもオタク)

ズルズルとバイトを続けて、スタッフランクが一番上になってしまった春頃、出戻りで入ってきた同い年のバイトの人がいて。大学生のときこの店でバイトしてて、就職きっかけで辞めたけど、正社員辞めて地元戻ってきたみたいな。まぁフタをあけたら3日目にはタメ語で話してきて、しかも突然背後からやってきて「ウェーイ!」と膝かっくんしてくるような変人だったんですけど(笑)

その同い年くんは、よく遊びに誘ってくれたけど、まぁーーー住んでる世界が違うというか、どう考えても私が仲良くできるタイプじゃなかったので断り続けてたんですよね!
小学校から大学まで男子バレーやってて、わりといい大学の白衣着る頭良さげな学部出てて、わりと有名な薬品会社に勤めてた人だよ!?しかもそのときお店の女の子2人が同い年くんのことを好きになってたから余計に無理!!っていうか設定が少女漫画かよ!!無闇に近寄れねぇ〜〜!!!
「私は休みの日はジャニーズというキラキラな世界に生きる美男子の尻を追っかけているので忙しいんだ!!」と一般的にドン引きされそうな真実をあえて言い切っても、同い年くんは何度も「平日休みだと、予定が合う友達がいない」「店に、他に同世代がいない」とぐずってきたので、とうとう夏に2人ででかけたんですよ。

ポケモンGOをしに。

アラサーふたりで。
車で市内を走り回り。
真夏の日差しの中。
公園や神社を歩き回り。

この時点で何となくお察しがつくとは思いますが、わりと精神年齢が似ていたんですね〜。

それまで店で雑談はしていたものの、言ってしまえば仕事の人くらいだったのに。
ゲームや漫画(メジャーなものですが)の話で盛り上がって、ポケGOの帰りにスタバでおやつ食べてワンピースの映画を見に行ってしまったりしてしまったんだ。なんてこった。あっという間に仲良くなってしまった…!逆にこわい…!

それからはバイトの高校生連れて遊びに行ったり、大学生誘って大人数で飲みに行ったりするようになって、なんか同い年くんが来てからお店みんながまたぐっと仲良くなった気がしましたね。そういう人なんだろうなーって。あくまで遠くから見てる人みたいな感じで(?)

年末くらいには、2人だけでご飯や飲みに行ったりもしたけど、だいたい毎回、どうしたら店がよくなるかとか、学生が楽しくバイトを続けられるのが一番とか、仕事の話ばっかり深夜まで熱く語ってましたね。
まるで酔うとめんどくさい上司ですね。(でも後輩がいる前ではそんな話ちらっともしてないから許されたい)
なんか、これまで他の仕事仲間とのご飯会も何回かあったけど、ほぼ愚痴大会で、すごいつまんなかったんですよね。
正社員のとき男部署だったからか、自分も女なのに女同士って面倒くさいなぁなんて思うことも多々あって。
でも同い年くんとは、愚痴もあるけどその先に向上心と反省の心があるというか、とにかく楽しくかつ真剣に仕事して役に立ちたいんだ!って気持ちが共通してたので、すごい実りある時間だったんですよね。
友情というよりは、ほんとに仲間って感覚が強くて、男とか女とかぜんっっっぜん意識してなかった。

2017年GWの長期連勤後、同い年くんと休みを合わせて、車出してもらって、菓子博に行きまして。
昼は各ブースでゲームしたり買い物したりして、夜ご飯食べたあと、ドライブしよ〜ってことになって1時間くらい走って…
そろそろ日付変わるし帰ろうかーって道をUターンしてきたとき、仕事の話してるうちに同い年くんが突然「結婚したいなー」とか言い出す。
結婚願望あるのは昨年末くらいから聞いてたので「バリキャリと結婚してヒモすれば?」とか適当なこと言ってたんですよ(笑)
でもこの時はずーっと結婚結婚言ってた。

「ズルズルバイトしてる私が言うことじゃないけど、同い年くんももう1年経つし、今採用3つももらってるんだし、さっさと決めて正社員になって結婚したらいいじゃん」
「うーん、でもまだ採用が決まっただけで正社員になってないからなー」
「正社員じゃないと結婚できないわけじゃないでしょ」
「じゃあ結婚しよっかな〜」
「は!?彼女できてたの!?」
「違う〜」
「何が違う?」
「結婚してよ」
「え?」
「結婚して」
「……ん?」

というわけです。
意味がわからないよね!!!!!

冗談だと思って何回も「隣にいるの誰かわかってる?」「○○ちゃん(バイト先で一番かわいい子)じゃないぞ?」「本気で言ってる?」って笑ったんですけど、ほんとにほんとの本気だったんだって。
正社員になってから言おうとか、まずは結婚前提に付き合ってって言うべきかなとか、半年前くらいから色々考えてたけど、全部隣県の企業だから引っ越さなきゃならないし、もう今日言おうって思ったらしいです。
わたしは結婚するともしないとも考えさせてとも言えずに、そのまま家についちゃって、とりあえず車降りたら同い年くんも降りて来て「本気で言ってるから」って言われて「うん」としか言えず、自分の足叩いて「足ふるえてる…(笑)」って笑う同い年くんに反応もできず。少し間があってから「じゃあまた明日」って同い年くんは帰ってしまいました。

立ちっぱなしの玄関で我にかえる。

「そうじゃん!!!明日仕事で会うんじゃん!!!!!」


翌日、ほんと気まずすぎて地獄でしたね!!笑
しかも「どうしよ、俺今までどうやって仕事してたっけ、今めっちゃ挙動不審なってる!笑」とか私に言ってくるから!!!クソ!!!こっちのセリフだわバカ!!!!(口が悪い)
その日から毎日シフト帰りに同い年くんと深夜までやってる喫茶店に寄り、私が考えたことや思ったことを全部同い年くんにぶつけた。
引っ越し先のこと、就職先のこと、生活リズムのこと、性格のこと、自分のこと、同い年くんのこと、価値観のこと、好き嫌いのこと、病気のこと……
仕事しているときの私と家にいるときの私は全然違うっていうことと、自己否定的なことばっかり言ってた気がするな〜。
なんでこんなクズと結婚したいのかとか聞いたしね、本気で。
不安なこともわからないこともめちゃくちゃあったし。

「今まで好きなことを好きと言える人生じゃなかった」って言ったら「これからはずっと好きって言える人生にするよ」って言われたのがだいぶ大きかったなあ。
大事にしようと思ってくれてるのかなって思えたのがこれだった。

結婚しよって言われてから1週間後くらいに、喫茶店で号泣しながら、仕事辞めて同い年くんと結婚して引っ越しする決断をした。
不思議と飲み込めたところもあったし…信じられないし受け入れがたかったけど、信じたいし受け入れたいような…やっぱりどこかで同い年くんのこと好きだったんだろうなあ。
泣いたのは、安心感?みたいな?今までにない変な感じだった(笑)感情崩壊(笑)

結婚決まったあと同い年くんに、私の性格上、結婚を前提に付き合ったら絶対にその期間中で「私はこの人を不幸にする」とかネガティブなこと考えて、ありもしない良くない想像をふくらませるから、(絶対に結婚したかったから)すっ飛ばして結婚しようと言うことにしたと言われました。
うわあ、当たってる。
そうやって今までもだめにしてきた。
うわあ、性格知られてる。

でもOKしてもらえると思って言ったわけでもなく、断られたら一生誰とも結婚しないつもりだったらしい。本当かよ……

同い年くんは私の誕生日に婚姻届を出すと勝手に決めてたので(何か誕生日が結婚記念日って、メルヘンっぽくて柄じゃないし嫌だ!ってどんだけぐずっても変えてもらえなかった)、それまでの数カ月間は付き合ってるような期間だったけど、仕事の引き継ぎとか引っ越しとかその他諸々の手続きで忙しくてあっと言う間だった………

6月末に仕事を辞めて、7月中旬に婚姻届を出して、7月末には引っ越してきて…、今3ヶ月くらいですか!早いようなもう3年くらい経ってるような感じです。
喧嘩(というか話し合い)をしつつ、仲良くやってます。
旦那くんは、私が情緒不安定になって夜中じゅう自分の悪いところを述べてぐずぐずに泣いても(笑)、大丈夫だよ謝らなくていいよ悪いことなんてないよと言いながら朝まで背中をなで続けてくれるので、ほんとに申し訳なく思いつつ、この人と結婚してよかったなと思ってます。
旦那くんも同じように思ってくれてるし、私が不安がらないようにちゃんとそれを口に出してくれるので、安心してます。
もうお互い嘘はすぐバレるので心にもないことは言えないしね(笑)

今は、うっかり旧姓を書いてしまうこともなくなって、家事をしつつ、のんびり仕事探し中です。
楽しいですね〜、人と一緒に暮らすのって。
映画とかライブのDVD見ながら家飲みできるし!
今まで2人で飲みに行くとどちらかが運転で飲めなかったので、風呂入って2人ともお酒飲んでそのまま寝られるのが最高すぎてだめ人間になってしまいそう〜〜

旦那くんをすっかりえび担(戸塚担)にしてしまったので、来年からは旦那くんと現場に行こうと思っています(というか、旦那くんが行きたい!と張り切ってます)。
あと、えび担になるまでとなってからの旦那くんの言動が面白かったので、またそのうちまとめようと思います!笑

独身貴族(実家暮らし)のときより圧倒的に使えるお金は減りますが、A.B.C-Zへの愛はこれっぽっちもなくなっていないので、むしろこれからはえび愛も夫婦で2倍、楽しくオタ活するぞーー!!!